Archive for the ‘朗読ミュージカル 『山崎陽子の世界』’ Category

長年の構想の末、この夏脱稿された作品をお届けします-朗読ミュージカル 山崎陽子の世界-

2019-08-17

晩秋の11月に上演する『朗読ミュージカル 山崎陽子の世界』では
山崎陽子先生が森鴎外の名作「高瀬舟」を基に
長年の構想の末、この夏脱稿された作品をお届けします。


ご存知だと思いますが、物語について少しだけ。


徳川時代、京都から大阪まで「島流し」の罪人を護送する
『高瀬舟』が舞台です。
登場人物は、弟殺しの罪を負った喜助と言う若者と
護送する役人の羽田庄兵衞の二人だけ。


舟に乗り込んだ若者、喜助の表情に不思議な違和感を覚える役人の羽田。
じっと月を仰ぎ、表情には微かな輝きさえある。
これまでの罪人たちは、島に着くまで泣きわめき通しだ。


こんな姿は見たこともなく、不思議でならない。
殺した弟が、どれ程の悪人だったにせよ、人の情けと言うものはないのだろうか?
ついに、職分を越えて喜助にその胸の内を聞いて見る。


役人対罪人の垣根を越えてドラマは意外な展開を見せ始めます。
役人哀歌が登場し、冷厳な作品の中に
人情のオアシスが設けられています。



山崎陽子さんの暖かい目線と包容力は
鴎外作品に独特な雰囲気を醸し出し
片野真吾さんの音楽は
情景や心の葛藤を的確に表現されました。


さて、あとは演者としてのおみつに全てが託されました。
酷暑の中、冷や汗と涙を流しながら台本と楽譜に釘付けになっています。


11月の本番には、皆様にご満足ける新作が生まれますようがんばります~!


『朗読ミュージカル 高瀬舟 光枝明彦』

===================================
◆ ミュージカル『 ザ・デイサービス・ショウ 2019 』公演詳細はこちら
 → http://bit.ly/2v3ZWVL

◆ チケット販売はこちら(おみつドットコムチケット販売特設ページ)
 → http://bit.ly/29Sjv9L


■ 光枝明彦オフィシャルメールマガジン「おみつの旬なメルマガ」創刊!
 詳しくはこちら ⇒ http://bit.ly/1l5rYGw




おみつもしっかり後をついて行かなければ - 山崎陽子の世界 -

2019-04-22

『朗読ミュージカル 山崎陽子の世界』
大阪・心斎橋大丸劇場の公演を終えました。

お越しいただいた大阪のお客様
楽しんでご覧いただきありがとうございました~!

- 山崎先生を囲んで、
夏樹陽子さん、ピアニストの清水玲子さん、平みちさん、プロデューサーの中條秀子さん -
観に来てくださいね~!


「朗読ミュージカル」と言う、新分野を切り開いたのは
実は山崎先生のアイディアなんです。


舞台上では、何とも孤独で逃げ道のない時空の中で
お客様の心に寄り添う30分間ですが
山崎先生の登場人物に対する切ない愛情と
心を込めて作曲された音楽とピアニストの存在が
大きな救いとなっています。


エンディングの音楽が終わって、お客様の拍手を受けるときは
別の人格になったような錯覚さえ覚えます。

何とも、不思議な「山崎陽子の世界」!!



秋の公演では、またおみつに新作を書いてくださる予定で
今度はハッピーエンドではない “朗読ミュージカル” とのこと。

先生にとっても初めての体験だそうです。


いつも自分に発破をかけて、挑戦の道を進む姿には感銘を受けます。
おみつもしっかり後をついて行かなければ。

次の『朗読ミュージカル』もどうぞお楽しみになさってくださいね~!


◆ 2019年4月19日(金)~20日(土)
  朗読ミュージカル『 山崎陽子の世界 』公演詳細はこちら
 → http://bit.ly/2UiCDXl
===================================
◆ 2019年5月22日(水)~26日(日)
ミュージカル『 ハートスートラ 』公演詳細はこちら
 → http://bit.ly/2W8BfmN
チケットご販売はこちら(おみつドットコムチケット販売特設ページ)
 → http://bit.ly/2ThddnG

◆ ミュージカル『 ザ・デイサービス・ショウ 2019 』公演詳細はこちら
 → http://bit.ly/2v3ZWVL


■ 光枝明彦オフィシャルメールマガジン「おみつの旬なメルマガ」創刊!
 詳しくはこちら ⇒ http://bit.ly/1l5rYGw




今からでもご都合のつく方はぜひお越しください~!-朗読ミュージカル『山崎陽子の世界』

2019-04-15

今週末、4月20日(土)大阪心斎橋劇場で上演される
朗読ミュージカル 『山崎陽子の世界』。

その中での『茜の空ふたたび』は
山崎陽子先生が、おみつの為に書き下ろしてくださった作品で
演じるたびに新しい発見があり、先生のイメージの深さに感銘しております。


主人公の高村淳之介は、おみつより少し若い設定ではありますが
無骨でコワモテ、ぶきっちょなおじいさん、と書かれています。
よく観察されてていらっしゃる!!(笑)


作品の中では、15歳も年下の妻との人も羨む幸せな生活が
愛妻の突然の死によって失意のどん底に突き落とされます。


抜け殻のような日々を過ごす中、古本屋で買い求めた本を開くと
ハラリと落ちた一枚の写真。

さて、ぶきっちょで無骨な淳之介が取った行動とは・・・


この先はどうぞ劇場でお楽しみください~

素敵な曲に乗ってストーリーは語られていきます。


お席にはまだ余裕があるようですので
今からでもご都合のつく方はぜひお越しください~!

ご来場を心よりお待ちしております。

観に来てくださいね~!

◆ 朗読ミュージカル『 山崎陽子の世界 』公演詳細はこちら
 → http://bit.ly/2UkbmPA

 チケット販売特設ページはこちら
 → http://bit.ly/2UkbmPA

※おみつドットコムでは、朗読ミュージカル『山崎陽子の世界』のチケット申込を受付ています!
 公演日が近いため、チケットはすべて当日受け渡しとなります。
 予めご了承くださいませ。






« Older Entries






Blog写真館

日記&お知らせ


サイト内検索

1stアルバム Dream with Me

Copyright(c) 2019 光枝明彦オフィシャルサイト「おみつドットコム」 All Rights Reserved.