10月, 2006年

『ルーマーズ』 東京公演千秋楽

2006-10-31

真夏の下町の稽古場で始まった『ルーマーズ』も

秋たけなわの銀座の劇場で千秋楽を迎えました。



初日の公演から、あっという間に時が過ぎ

大爆笑の中で無事に幕が閉じられました。







会場は千秋楽公演を待ち望んでいたお客様で埋め尽くされ

出演者もそんな格別のテンションの高さを感じてか

千秋楽独特の雰囲気の中でノリノリの演技を展開していましたよ。







おみつは、この『ルーマーズ』の公演中は

出演者同士の丁々発止(チョウチョウハッシ)のやり取りの中

本当に緊張の連続でした。



でも緊張の中にも、日々それ以上の充実感で満たされ

今振り返ってみると何だか夢のようなひとときでもありました。

また、ミュージカルとは違う台詞劇の楽しさを実感し

その他にも多くの収穫を得ることができました。







劇場に足を運んでくださった皆さん。

皆さんのおかげで良い舞台を作ることができました。

本当にありがとうございました。



そして、このおみつサイトから応援してくださった皆さん。

なかなか日記をお届けすることができませんでしたが

寄せていただいたコメントに毎日勇気付けられました。

心より厚く御礼を申し上げます。







さて、千秋楽の楽屋入りは

デパ地下の買い物+銀座のホコ天をブラブラでした(笑)



さあ、次は大阪です!

大阪のみなさん!ご期待くださいね!!




『ルーマーズ』 いよいよ千秋楽です!

2006-10-29

『ルーマーズ』は劇中のナンバーは一切ないんですよね~。

あるのはオープニングと幕切れとフィナーレの3箇所だけ。

(結構乗れちゃう2幕のオープニング曲は、アル・ハート[AL HIRT]の『TANSY』)



共演者が1人いないみたいで

不思議な感じがしてとても違和感がありました。

ミュージカルみたいに気持ちを代弁してくれたり

場面の説明や進行をしてくれるナンバーはな~んにもなし。





でも稽古中に「そこで何で音楽が入るの?」

って思う人だっているんじゃないかな~って

ふと気付いたのです。





発想の転換ですね!



「台詞だけの芝居だっていいじゃん!」と思えるようになると

気持ちがぐ~んと楽になりました(笑)



そして、いつの間にかこの作品の

『嘘が嘘を呼び、思い違いが勘違いを呼ぶ』面白さにのめり込んで

おみつもニール・サイモンの台詞喜劇の虜になってしまいました(笑)





始まるまでは長かったんですけど

初日が開いてしまうと早いものですね。

千秋楽も皆さんにたくさん笑ってもらえるように

張り切っていきたいと思います~。




『ルーマーズ』の東京公演も、残りわずか・・・

2006-10-28

初日から無我夢中で舞台に立ち続けてもう2週間。

東京公演も残り僅かになりました。



出演者の緊張憾は毎回相当なものなのですが

そのスレスレのところでの演技がまた

笑いに繋がっているのかもしれません。





当たり前のことなんですけど

毎日同じように演技をしているつもりでも

大爆笑になったり、ス~っと流れてしまったりと

お客様の反応はさまざまです。

まあ、それを感じて落ち込んだり喜んだりするわけですが

おみつにも好きな場面やセリフがいくつかあって。。。



これ以上はネタばれになってしまいそうだから

詳しくはお話出来ないんですけど(笑)



皆さん、好きな場面やセリフがあったら

舞台が終わったらでいいので是非聞かせてくださいね。





残り数回の舞台と大阪の公演をに向けて

がんばっていきたいと思います!









本日のデパ地下弁当。



お弁当~♪













ビタミン、ミネラル、植物繊維が豊富で鶏肉も少し入っている

RF1の『北海道野菜入り森林鶏30品目グリーンサラダ』

豪華で、食べ切れない時もあるサラダです。






« Older Entries






Blog写真館

日記&お知らせ


サイト内検索

1stアルバム Dream with Me

Copyright(c) 2018 光枝明彦オフィシャルサイト「おみつドットコム」 All Rights Reserved.