12月, 2006年

無事に本年を終えることができました

2006-12-31

おみつにとって今年は

ターニングポイントであり

不安でいっぱいの1年でした。



『おみつドットコム』にも

こんなに多くの皆さまに訪問いただけるとは

正直言って思ってもいませんでした(笑)





そんな中、たくさんの皆さまから

励ましのコメント、勇気をいただき、支えられ

無事に本年を終えることができました。



本当にありがとうございます。





まだまだヨチヨチ歩きではありますが

来年も引き続き、おみつサイト、光枝明彦共々

どうぞよろしくお願いいたします。




舞台の完成度にひと安心

2006-12-30

今回はパートごとに別々で稽古をしてきました。



おみつにとっては初めての体験だったので

みんなで合わせることになる通し稽古を

心待ちにしていました。



他の役者さん(パート)はどこまで仕上がっているかとか

別々で稽古をしている分

通した時の全体の流れや印象がどんな風になるのか

とても気になっていたのです。





いざ始まってみると出トチリ早トチリなど

小さなミスはいろいろとありましたが

皆さん、流石はプロの役者です。



1人1人がフォローし合いながら

無事に最後まで演じ切ることができました。



その直後に稽古場全体から拍手が沸き起こりました。



演出家のグレンさんも

「部分的な稽古から突然の通し稽古で

 実は私もドキドキしてました(笑)

 でも皆さんの努力で想像以上の

 成果を生み出すことが出来ました。ありがとう!

 これから次のステップに進むことができます。

 オツカレサマデシタ!」

と、最後の一言は

日本語でねぎらいの言葉をかけてくれました。



舞台の完成度にひと安心したのでしょうね。




『タイタニック』 全幕通し稽古の始まり

2006-12-29

「船が沈むまでは全員が幸福の絶頂にいるのですから

 暗く悲劇的に演じては駄目です」





これは演出家のグレンさんから

稽古中に何度か聞かされた言葉です。



贅沢な陶酔感から悲劇のどん底に突き落とされる落差

人間が瞬時に体験する天国と地獄などを

はっきりと印象的に表現したいという

今回の『タイタニック』での演出意図なんでしょう。





ご存知のように

海面に城砦のように聳え立つタイタニック号は

「神の船」とまで呼ばれるほど

豪華で不沈船であると誰もが信じ込んでいたのですからね。





そしてグレンさんは

通し稽古が始まる前にも同じように



「暗く悲劇的に演じては駄目です」

と繰り返して



「初めてだからって緊張しないでください!

 ここには評論家もお客さんもいませんからね」

と続け、いよいよミュージカル『タイタニック』

日本公演最初の全幕通し稽古が始まりました!



もちろん、歌、ダンス、芝居入りですよ~(笑)






« Older Entries






Blog写真館

日記&お知らせ


サイト内検索

1stアルバム Dream with Me

Copyright(c) 2018 光枝明彦オフィシャルサイト「おみつドットコム」 All Rights Reserved.