2月, 2007年

おみつが講師のミュージカルワークショップ

2007-02-26

「楽しく真剣にミュージカルを学びましょう!」をコンセプトに

ミュージカルの基礎づくりを勉強する

ワークショップの講師をしてきました。





参加された皆さんは

お芝居やミュージカルが大好きな方はもちろん

演じるのは初めての未経験者から

俳優を目指している方まで

いろんな方がいらっしゃいました。



稽古は1グループ5、6人に分かれて

ワークショップ用の特別台本に合せて配役を決めて

まずはウォーミングアップ。

次に発声訓練、歌稽古、台詞稽古

そして『グループ発表』を何回か繰り返して

最後に発表会をするという流れです。





短時間で台詞を覚えて演技をするのは

なかなか大変なのですが

お互いに協力し合ったりフォローしあったりと

アットホームな雰囲気で稽古は進みました。

ワークショップは短い時間でしたが

1つの作品を作り上げるための工夫とエネルギーは

まるでプロ並みでしたよ~





みんな頑張ってる~ここまで~!
ここはこういう感情で!鬼演出家~





『グループ発表』では

「ここでこう動いてみて」とか

「ここの台詞はこんな感情で言ってみて」など

ステップアップするためのアドバイスをしました。



皆さん、自分のグループへのアドバイスはもちろん

他のグループへのアドバイスまでも真剣に聞いて

次の『グループ発表』に活かされていました。





2順、3順目の『グループ発表』になってくると

各グループの心がギュ~と1つになって

良い作品を創ろうという団結力が見えてくるんですね~

歌や演技にも躍動感が出てきていました!







そして最後の発表会。

何と、今までの稽古場が電動式で劇場に変身!

舞台には照明も当てられて

ちょっとした小劇場になっていました(ドラマチック!)





さあ、幕が上がっていよいよ本番。

各グループとも緊張されていたみたいでしたけど

『グループ発表』の時よりも格段に良い演技でした!

お客様も10名ほど入って大きな拍手をもらえていましたよ~





打ち上げも大いに盛り上がって

おみつも充実した時間を過ごさせていただきました!



みなさんお疲れさまでした~





今回は、たまに厳しいダメ出しもさせてもらいましたが

おみつが考える芝居の作り方や演技をお伝えし

また、おみつと一緒にお芝居作りを楽しんで欲しい

という思いで講師をさせていただきました。



今までは演じる側で長くやってきましたが

おみつをドキッとさせるような芝居

おみつが思いつかないような芝居が見られて

講師として教える側に立つのもなかなか面白い体験でしたよ~



先生と呼ばれるのにはまだまだ抵抗がありますが

今後も講師をやっていきたいですね~





お声が掛かれば全国どこへでも行きますよ(笑)




骨休め in 伊豆高原

2007-02-20

高速道路から国道におりると

いつもは大渋滞の135号線も今日はス~イスイ~



何十年か振りの伊豆の海岸通りが

懐かしく目に映りました。





最初に訪れた海洋公園では桜茶をご馳走になりました。

ポカポカ陽気の中で寒桜と菜の花に囲まれて

一足早く春を堪能出来ましたよ。





次は城ヶ崎海岸へ。



城ヶ崎海岸は門脇埼灯台と

別名:海の吊り橋と呼ばれる

断崖絶壁に架かる門脇吊り橋で有名な

伊豆の名勝の1つです。



海へと向かうと

わあ~何と断崖絶壁!絶景!

岩にぶつかっては砕ける波を眺めていると

なんだか吸い込まれそうな錯覚がして

正直、怖い。。



ご存知のように高所恐怖症のおみつなのですが

せっかくなので吊り橋を渡ってみることに。



吊り橋でちらっと下を見て

もう、だめ。。。



城ヶ崎海岸はなかなかスリルがあって

おみつには少し辛いところでした(笑)



目がうつろ~














続いて大室山。



リフトに乗ると山頂までたったの5~6分。

すり鉢のように窪んでいる火口のまわりは

お鉢めぐりというハイキングコースになっていて

のんびり1回りしてきました。



晴れていれば伊豆大島や

伊豆の踊り子で有名な天城山

遠くには富士山も眺望できるそうですが

あいにく春霞がたっていて

初島しか見えなかったのはちょっと残念でしたね。







おみつにとって初の伊豆高原。



温泉もあるし、景色は最高だし

魚が美味しいし、いい所でしたよ~

伊豆高原!




おみつも、頑張ろうっと

2007-02-16

 新宿シアターサンモールで「煙が目にしみる」を観劇。



 幕が上がるとそこは火葬場の一室。

 暗い芝居かと思いきや

 始まって3分もすると客席は笑いの渦に包まれて

 芝居運びの上手さ

 台本の面白さに感服してしまいました。

 

 特に81歳の女優さん麻生美代子さんの

 芝居そのものをグイグイ引っ張っていく

 推進力のある演技には驚かされてしまいました。



 終演後の会食の場で

 偶然、麻生さんとご一緒することになり

 その場面での謙虚さにも

 また一層、尊敬の念が高まりました。

 ジーパン姿が格好良かった~





 そして翌日は、ミュージカル『カーネギーの日本人』。



 舞台は第二次世界大戦中のニューヨーク。

 自由の国と呼ばれながらも

 差別意識が重く蔓延する現実。

 そんな逆境を生き抜いた

 ある日本人の実体験に基づくオリジナル作品。



 中川久美さんの企画、原案で

 よくぞこの辛い題材をミュージカル化したな~

 と、こちらも感服の至りでした。

 

 二つの祖国のはざ間で苦悩する

 日系二世のアメリカ軍将校を演じる剣幸さんが

 大熱唱するナンバーはとても素晴らしかった~

 

 画家役の福沢良一さんのタップダンスも良かった~





 いや~、嬉しくて楽しくて

 いろいろと勉強になった夜でした。



 おみつも、頑張ろうっと。






« Older Entries






Blog写真館

日記&お知らせ


サイト内検索

1stアルバム Dream with Me

Copyright(c) 2018 光枝明彦オフィシャルサイト「おみつドットコム」 All Rights Reserved.