10月, 2007年

パワフルな演技を展開して稽古場は白熱!

2007-10-15

顔合せの翌日。

いきなり立稽古から始まったのですが

既にみんな音楽も台詞も

バッチリ身体に入っていて、さすがでした~





共演の皆さんの第1印象は

別所さんは分析家

玲奈さんは実感派

沙也加さんは熟考派と

それぞれ個性があって

それぞれ自由に発想しているのは

本当に頼もしく感じます!



禅さんと條さん、おみつは

ベテランの味(!?)といったところでしょうか(笑)





さて、今回の演出の松本祐子さんは

イギリス演劇の勉強のために

ロンドンで1年間の留学を経験されています。



なので、英国人の習慣や気質も含めて

『ウーマン・イン・ホワイト』で描かれる舞台は

手に取るようにイメージできる世界。



いまだに残っている階級制度、保守的な風潮など

日本人には馴染み難い面もありますが

その雰囲気をしっかり残しつつも

ジャパニーズ・テイストあふれる

舞台に作り上げてくださることでしょう!





そうそう、松本さんは演出家には珍しく

トレパン姿のスポーティーな出で立ちで

声を張り上げ走りまわって

毎日アグレッシブに大奮闘~



そんな姿に俳優たちも負けじと

パワフルな演技を展開して稽古場は白熱!

俳優と演出家とのディスカッションも活発に行われ

全員が一体となって築き上げているミュージカルって感じですね~!





まだまだ 1幕がざっと仕上がった段階で

これから細かい作業に入っていきます。



そして、ストーリーの中に

ロイドウェーバーの美しいメロディーが

どんなふうに織り込まれていくのか

おみつも、ついつい期待してしまいます~









写真はおみつ愛用の車椅子。

ウーマン・イン・ホワイト









と言っても

もちろん舞台用ですよ~ どうぞ、ご安心ください~(笑)





======================================



アンドリュー・ロイド=ウェーバー氏の新作

傑作ミステリーミュージカル『ウーマン・イン・ホワイト』

日本初公演をどうぞお見逃しなく!



       ◆>>→ 東京公演(一般申込み) ←<<◆



 ※ 12/2の公演は満員のためお席のご用意は出来ません

 ※ 11/18、12/1 の公演はお席がご用意出来難くなっております

  あらかじめご了承ください

======================================




『ウーマン・イン・ホワイト』 顔合せ! 全員集合~!

2007-10-07

これまでは、おみつも含めた俳優は

それぞれで歌稽古を進めていましたが

『ウーマン・イン・ホワイト』の

本格的なスタートとも言える

全体の“顔合わせ”が行われました。



集まった関係者は総勢 100人くらいかな~



主催のTBSとホリプロの代表の方々。

演出、翻訳、音楽、美術、照明、衣裳

ヘアメイク、音響、振付、アクション、舞台監督に

各プロダクションのスタッフの皆さんなどなど。



もちろん俳優たちも一堂に顔を揃えました!



毎回思うのですが1つの作品を作り上げるためには

実に大勢の人たちが関わっているんですよね~



そんな皆さんを前にして

ホリプロの社長 堀義貴さんから

「この『ウーマン・イン・ホワイト』は

 アンドリュー・ロイド=ウェバーならではの

 美しいメロディーの中に

 より演劇的な要素が強い作品です。

 この作品が日本のお客様に

 新しい感動を感じていただけるように

 頑張りましょう!」



そして演出の松本祐子さんからは

「ロンドンで観た時には

 自分が演出するとは思ってもいませんでした。

 この作品に描かれているさまざまな人間の生きる姿

 濃密な人間関係、人を愛することの大切さ

 尊厳などに目を奪われました。

 自分なりに納得の行く舞台に出来れば本望です」





スピーチが始まると

会場内に良い緊張感が生まれて

おみつも身が引き締まってきました。



いよいよ!といった感じです~







その後、初めての全体的な通し稽古。



絵画の教師役の別所哲也さん(ハートライト)が登場する

ミステリアスな幕開きシーンが終ると

一転して笹本玲奈さん(マリアン)

神田沙也加さん(ローラ)の

明るく仲の良い2人姉妹の登場となります。



3人の楽しげな絵画の授業風景は見ものですよ~!





そして、ちょっと変わった人物

姉妹の叔父で後見人役のおみつ(フェアリー氏)も登場(笑)



そしてそして、2人の謎の貴族

石川禅さん(パーシバル卿)と

上条恒彦さん(フォスコ伯爵)が絡んでくると

途端に何やら怪しげなムードが漂ってきます。



さて、山本カナコさん(不思議な白衣の女)はというと

これは秘密です。。。





英語の歌詞を日本語にするのは

“至難の業”であるとよく言われます。

実際に普通の翻訳よりも何倍も難しいのですが

今回の翻訳を担当された竜真知子さんは

個人的な歌稽古の段階から付っきりで

何回も直しを重ねた上で「これしかない!」という

ピッタリと決まった台本を作ってくださいました~



でも本人曰く「まだまだ、直します」とのこと。

頼もしいですね~!







緊張と不安の中で無事に幕切れの音楽が終った瞬間

誰からともなく拍手が巻き起こりました。



さてこれからの毎日が勝負です。



涙、ユーモア、スリル、サプライズ、etc...

内容豊かな『ウーマン・イン・ホワイト』。

どんな稽古が展開されるのかとても楽しみです~!





======================================



アンドリュー・ロイド=ウェーバー氏の新作

傑作ミステリーミュージカル『ウーマン・イン・ホワイト』

日本初公演をどうぞお見逃しなく!



       ◆>>→ 東京公演(一般申込み) ←<<◆



 ※ 12/2の公演は満員のためお席のご用意は出来ません

 ※ 11/18、12/1 の公演はお席がご用意出来難くなっております

  あらかじめご了承ください

======================================






Newer Entries »






Blog写真館

日記&お知らせ


サイト内検索

1stアルバム Dream with Me

Copyright(c) 2022 光枝明彦オフィシャルサイト「おみつドットコム」 All Rights Reserved.