12月, 2007年

『ウーマン・イン・ホワイト』 大千秋楽

2007-12-27

東京公演を終えて3週間。

名古屋での最終公演が行われました。



しばらく間が空いてしまったため

調子が取り戻せるか不安でしたが、

舞台稽古をするうちに意外にすんなりと

元のレールに乗ることができました~ 良かった~(笑)





最終公演では各ナンバーが終わるごとに

いつもよりさらに熱い拍手をいただき

役者もオケもラスト・ステージの高まりを

肌でヒシヒシと感じながら物語が進み

いよいよフィナーレ。



会場のお客様全員のスタンディング・オベーション!

舞台上の出演者全員も大感激でした~!





また、終演後には

演出の松本祐子さんが楽屋を訪ねて

「今日の芝居、最高だったぁ~!!」

と言ってくださいました!



こういった演出家の一言が

役者にとってはすんごく嬉しいんですよ~



それで調子に乗ったおみつが

「何で初めから出来ないんだ~ ですよね?」

なんて言って2人で大笑いしました(笑)







声援を送ってくださった皆さまのお蔭で

体調を崩すこともなく

『ウーマン・イン・ホワイト』の公演も

元気に千秋楽を迎えることが出来ました。

心から感謝いたします。

本当にありがとうございました~!!



これからも努力を惜しまず

さらにさらにステップ・アップしたおみつを

ご覧頂きたいと思います。



1年間ご声援ありがとうございました~

来年もまたどうぞよろしくお願いいたします。




帝劇からの帰り道の独り言

2007-12-19

ウィーンの作曲家 シルヴェスター・リーヴァイと

作詞家ミヒャエル・クンツェの作品

モーツァルト!』を観劇してきました!



まずこの作品。

1992年が日本初演と聞いてびっくり!

おみつは15年経ってやっと初観劇というわけで

演劇人としては恥ずかしいですよね(笑)

『レ・ミゼラブル』や『ミス・サイゴン』を見たのも

随分前のことですし。。。





観劇前はモーツァルトの楽曲がふんだんに散りばめられた

クラッシック音楽バリバリの舞台イメージでしたが

いざ見てみると全然違いました。



ロックやポップス音楽をベースに

演出も従来のカタチに捉われない

自由活発な発想が随所に見受けられました。



まさかモーツァルトがジーパン姿で登場するとは

夢にも思いませんでしたし

モーツァルトの分身、アマデを子役が演じて

一緒に喜び、悲しみ、時には反発したり同調したりと

いつもすぐ傍に付き添わせている演出にも脱帽でした。



音楽の古都、ウィーンやザルツブルグの人たちにしか出来ない

逆転の発想とでも言うのでしょうか

現代のモーツァルト、ロイド=ウェーバーさんも

顔面蒼白なのではないでしょうか(笑)





井上芳雄さん演ずるモーツァルトは、

嵐のような天才の一生を時にはアグレッシブに

また、時にはナイーブに演じ分けていました。

恵まれた才能と、たゆまぬ努力に拍手!



山口祐一郎さんは

権力者コロレド大司教の光と影を

大きなスケールといつも以上の

ハイレベルな歌唱力で魅せてくれました。



再演を待ちに待っていたお客様からの

拍手や声援の中でカーテンコールが迎えられ

おみつも大きな拍手を送りました~



ブロードウェイやロンドンだけではなく

ウィーンにも行って視野を広げなくては(笑)



帝劇からの帰り道の独り言でした。





さぁ! いよいよ名古屋公演が近づいてきました!

チケットをお持ちの方~

楽しみにしていてくださいね!!




『モリー先生との火曜日』 の情報をアップしました。

2007-12-17

先日お知らせいたしました

『モリー先生との火曜日』の情報をアップしました!



光枝明彦は モリー・シュワルツ教授役にて出演いたします。



 ⇒ 詳しくはこちら






« Older Entries






Blog写真館

日記&お知らせ


サイト内検索

1stアルバム Dream with Me

Copyright(c) 2018 光枝明彦オフィシャルサイト「おみつドットコム」 All Rights Reserved.