9月, 2010年

新鮮な時間を過ごさせていただきました~ - ロミオとジュリエット -

2010-09-21

水星交響楽団の定期演奏会が昨日終了しました~





おみつは三部構成のプログラムの最後の出演。



バレエ組曲の語りという

初めてのジャンルへの試みということもあってか

いや~もう出番が後になればなるほど

こんなに緊張するとは思いませんでした~





生オーケストラと朗読。



ただ台本にそって語るだけではなく

音楽と離れないようバレエを思い出しながら

ロミオとジュリエットの心の動きや心理を考えながら

作品に関わりながら演じることが

できたのではないかと思っています。





水星交響楽団の皆様はクラッシック好きという

共通の想いで結ばれていますが

普段は別々の会社に勤務されている

社会人、会社員の方々などで構成されています。



おみつは

舞台業界どっぷりの皆さんとの付き合いが多いので(笑)

終了後の打上げの会話1つにしても

とても新鮮な時間を過ごさせていただきました~



新しいジャンルへの挑戦は

貴重な体験となりました。



また機会がありましたら

ぜひ参加させていただきたいと思います!







<今日の3枚>





指揮者の齊藤栄一さんと プロデューサーの祐成秀樹さん 


齊藤栄一さん祐成秀樹さん



『LOVE OF SEVEN DOLLS』でご一緒した

大川麻里江さんが観にきてくれました~



大川麻里江さん


















おみつも楽器の1つとして参加します~- ロミオとジュリエット -

2010-09-18

今回の朗読では

水星交響楽団の皆さんの編成はなんと100人!



おみつは100人もの編成の

生オーケストラをバックにして歌ったことは

残念ながらありませんし

朗読をするのもまったく初めての経験です。





指揮者の 齊藤栄一さんからのキューをいただいて

おみつが語りを始めるのですが

オーケストラの皆様の前列にいますので

いつもの舞台とは違った不思議な感覚を味わっています。



自分が1つの楽器になっているのと

同じ感覚とでもいうのでしょうか?





プロコフィエフが

1940年代に完成させたロマンチックな原作が

時には叙情的に透明に

時には激情と躍動のリズムで構成されていて

現代人の心を揺さぶる何とも魅力的な楽曲です。





演奏会当日は

楽曲の持っているボリュームや壮大さ

ドラマチックな流れと一緒になって

演じていきたいと思っています!





ロミオとジュリエット













お時間のある方は

是非、会場に足をお運びくださいね~!









今年の秋はシェイクスピアの秋

2010-09-11

南房総のローズマリー公園に行ってきました。



ここには有名な劇作家

ウィリアム・シェイクスピアゆかりの建物が再現されている

シェイクスピア・カントリー・パークや

清々しい緑が広がるローズマリー・ガーデンなどがあります。





シェイクスピアの生家がそのまま再現されていて

晩年を過した家には演目の名場面の彫像があったりや

数々の作品を人形が音声付きで演じていたり。



ハーブの香るイギリス庭園にティールーム。



中世のイギリスを旅しているような気持ちになれる場所で

年に1度、いや2度ぐらいは訪れている(笑)くらいの

おみつお気に入りの公園です。





劇作家シェイクスピア=芝居の原点ということもあるせいか

心が落ち着いて親しみを感じる癒される場所なんですよね~







今年の秋は

9月にバレエ音楽『ロメオとジュリエット』の語り

11月には『アントニーとクレオパトラ』と

シェイクスピア作品にご縁があります。





今年のおみつの秋は

シェイクスピアの秋ということになりそうです~





<今日の二枚>



シェイクスピアの生家















ストラトフォード・アポン・エイヴォンを

訪ねた時を思い出します~





16世紀のグローブ座











ギャラリーでは

16世紀のグローブ座のジオラマが。

沢山の人形で賑ってます!



エリザベス女王も観劇してますね~

さて、何処にいるでしょうか?(笑)













« Older Entries






Blog写真館

日記&お知らせ


サイト内検索

1stアルバム Dream with Me

Copyright(c) 2018 光枝明彦オフィシャルサイト「おみつドットコム」 All Rights Reserved.