あの日あの時のあの舞台で - シラノ -

2009-02-21

昨年末、NHKテレビで気になる放送がありました。



ニューヨークのリチャード・ロジャース劇場で上演された

『シラノ・ド・ベルジュラック』。

主役はあの有名な映画俳優ケビン・クライン。

「こりゃ~面白そう!」



ケビン・クラインと言えば

おみつの大好きな作曲家コール・ポーターの半生を描いた

『五線譜のラブレター ~DE LOVELY~』

を思い出しますね~



でもその放送は折しも

『タイタニック』の稽古が白熱していた頃だったので

後で観ようととにかく録画だけしておきました。

その映像を先日やっと観ることができたのです~



『シラノ』は古典劇として演じられることが多く

堅苦しい雰囲気を想像してしまいますが

今回のケビンが演じるシラノは

セリフを朗々と読み上げるのではなく

相手に語りかけるような自然な感じの演技。



ロクサーヌは粋な女性として描かれ

クリスチャンはまるでイケメンのサッカー選手のよう(笑)



斬新な演出の中で

俳優たちも実に自由闊達に演技し

テンポ感のある芝居運びに大いに沸いている客席。

あの古典的名作を見事に現代風に蘇らせた

想像通りの素晴らしい舞台でした~



そして、おみつが出演する『シラノ』は

この名作『シラノ・ド・ベルジュラック』の韻文劇を

ミュージカルに仕立て直した作品。



5月の日生劇場(東京)は実に16年振りの出演。

6月には梅田芸術劇場(大阪)

懐かしい広島厚生年金会館でも公演します。



実はおみつは34年前、同じ日生劇場で

『シラノ』に出演していたんですよ~

しかも今回と同じラグノー役で。



古い話なのでご存知の方がいるかどうか(笑)





さて今のおみつは

『タイタニック』での興奮がようやく醒め

いつものお気に入りのコースを散歩したり

興味のある舞台を観に行ったりしながら

ゆっったりとした時間を過しています~



と、言いたいところなのですが台本も届くし

『シラノ』へのアプローチを少しずつ始めて

また舞台モードに入っていく瞬間といったところでしょうか。



シラノ・ド・ベルジュラック











どんな舞台になるのか今から楽しみにしています~!




=== <光枝明彦1stアルバム『Dream with Me』発売中! >===


Dream with Me ご購入は


◆ JPウエブストア

http://jpww.ocnk.net/product/35

◆ 山野楽器 -YAMANO MUSIC Online-

http://www.yamano-music.co.jp/userProdDetail.do?itemCode=Y081025874&type=M

全国のCDショップでもお求めいただけます。



CDのご感想もよかったらどうぞお聞かせくださいね~

いつものように日記のコメント欄にくださっても構いませんし

ちょっと恥ずかしい方はこちらのフォームからどうぞ。

http://form1.fc2.com/form/?id=371537



それでは どうぞ 夢をご一緒に~


=========================================



コメント2件

  • 佐為♪ | 2009.02.22 1:32

    はい、存じております(笑)シラノは平幹二朗さんで、ロクサアヌは佐久間良子さんでしたよね。34年もの時を経て、また同じ役を演じるのは、本当に感慨深いものがあるのではないかと思います。しかもまた同じ空間です。多分退団されてから初めての日生ですよね?日生は、今も昔も変わらずでいて、とても居心地のいい空間で、私は大好きな劇場です。
    まだまだ稽古まで時間はあると思いますが、タイタニックで疲れた身体を休めつつ、リフレッシュしつつ、また素敵なラグノーを見せて下さい。楽しみにしております。
    私は未だタイタニックの余韻に浸りっぱなしの毎日です(笑)

  • 光枝明彦 | 2009.03.04 0:08

    ◇佐為♪さん
    入団したての34年前のことをご存知だったとは~!
    いや~嬉しし恥ずかしいですね(笑)
    今回はミュージカル。お任せください~!




Blog写真館

日記&お知らせ


サイト内検索

1stアルバム Dream with Me

Copyright(c) 2022 光枝明彦オフィシャルサイト「おみつドットコム」 All Rights Reserved.