一喜一憂、一進一退の連続でした -朗読ミュージカル『山崎陽子の世界』-

2019-11-16

先日の二本松公演に引き続き、東京・紀尾井小ホールでの
朗読ミュージカル『山崎陽子の世界』は

紫ともさんの「白檀の扇子」
森田克子さんの「舌切り雀」
安奈淳さんの 「夕焼けの向こう」
そしておみつ 「高瀬舟」というプログラムで

今回はすべて原作本のある作品を山崎先生が脚色されました。


-中央に山崎陽子先生。左から沢里尊子さん(ピアノ)、清水玲子さん(ピアノ)。
紫ともさん、安奈 淳さん、森田克子さん、プロデューサーの中條秀子さん-
山崎陽子の世界の仲間


自身で死を選んだ瀕死状態の弟に遭遇し
その苦痛から救うため心ならずも死への力添えをしてしまう喜助
島流しの刑を受け入れ、弟の面影を抱きながら罪滅ぼしに励み
重い運命を背負いながら生きる喜助


ストーリーを朗読と音楽で演じる朗読ミュージカルで
前から演じて見たい作品でしたが、一喜一憂、一進一退の連続でした。


とにかく森鴎外の原本ですから
「茜の空ふたたび」のような
ユーモア溢れる作品と違い
どう言う組み立てをして語りや歌を進めて行くべきか?

『ザ・デイサービス・ショウ』の旅の休日は
部屋に篭って台本と首っ引き音楽に漬かりっぱなしでした。



初日を開けて山崎先生より
「評判良いみたいよ!やってよかったわね!」
とのお言葉をいただきほっとしました。


今までの山崎先生の作品のキャッチフレーズは

“泣いて笑ってほのぼのと”。
そして
“ハッピーエンド”

ばかりだったそうですが
おもむきの違う作品に挑戦した顛末です。


誰でも言うことですが
冒険は年をかさねても必要です。よね!


さて、本日からは来月の公演
『トラブルショー』の稽古に参加しています。


ハードですが大丈夫ですか?
と聞かれることも多いですが
大丈夫!倒れませんよ!!
皆さまの声援のおかげです。

いつも温かい応援ありがとうございます。

ご来場の皆様、ありがとうございました~!

-作曲の片野真吾さんと-
作曲の片野真吾さんと

-観劇に来てくれた 冨松朋子さん、高橋知伽江さん、加藤敬二さん、中尾弘隆さん、岡本和子さん-
来てくれてありがとう!

====================================================
◆ 2019/11/13~14  朗読ミュージカル『山崎陽子の世界』

◆ 2019/12/5~9  ミュージカル・コメディ『トラブルショー』
* チケット販売中:おみつドットコムチケット販売特設ページ

◆ 2019/12/25~27  ミュージカル『Search』2019

■ 光枝明彦オフィシャルメールマガジン「おみつの旬なメルマガ」創刊!
 詳しくはこちら ⇒ http://bit.ly/1l5rYGw



コメントを書く







コメント内容





Blog写真館

日記&お知らせ


サイト内検索

1stアルバム Dream with Me

Copyright(c) 2019 光枝明彦オフィシャルサイト「おみつドットコム」 All Rights Reserved.