4月, 2008年

杜の都での楽しくて美味しい一夜~ドラキュラ伝説~

2008-04-29

名古屋の初夏を思わせるような気候から一転

一気に10度も低い気温には驚きましたが

仙台はその名の通り

緑いっぱいの落ち着いた杜の都でした。



名古屋に続いて仙台も何年ぶりでしょうか?

たしか『壁抜け男』の公演と思うので

7~8年前だったと思います。



劇場はとてもひろく

芝居が届くかどうか心配でしたが

客席のお客様の何と熱かったことか!



客席には『ユタと不思議な仲間たち』の作者

懐かしい梶賀千鶴子さんもお見えでした。

『キャッツ』『赤毛のアン』

『魔法をすてたマジョリン』などで

大変にお世話になり忘れられない方の1人です。



終演後に

「面白かったよ!おみつさんも最高だったよ!

 あと10年は芝居出来るね~!」

と、楽屋に飛び込んで来てくださいました(笑)



嬉しかった~!





その夜は園岡新太郎さんも一緒に

東北料理のお店でご馳走になりました。

時間が経つのもすっかり忘れるくらいの

楽しくて美味しい一夜となりました~




心臓バクバクの初日から早15公演~ドラキュラ伝説~

2008-04-22

『ドラキュラ伝説』の名古屋公演は

御園座と並ぶ名古屋の老舗劇場

中日劇場で行われました。



場所は名古屋の一等地

栄の交差点近くにある中日ビルの9階。





この劇場は歴史を感じさせる情緒たっぷりの劇場で

おみつも以前に公演でお邪魔した記憶があります。



久しぶりに足を踏み入れると

楽屋受付のおじちゃん、おばちゃん

劇場スタッフの皆さんが温かく迎えてくれました~





この劇場はホールの壁が木で出来ているので

音響的に落ち着いた感じがあります。



今では珍しくなってきた畳敷きの楽屋も

当時の趣きをそのままに

エアコンとモニターテレビの新しさだけが

時の流れを少し感じさせてくれていました(笑)



木製の壁や畳敷きの楽屋などの1つ1つが

この劇場の印象や魅力に繋がっているんでしょうね。



中日劇場特有の温かさと親しみやすさは

以前と全く同じで変わることがなくて

なんだかホッとした気分になりました(笑)



そうそう、ココだけの話ですが

この劇場の舞台下の奈落には

『芝居の神』が宿っているという噂が・・・







さて

「この緊張感が堪らない~!」という方

「何でこの商売を選んだんだろう。。。」

と緊張からくる震えが止まらない方などなど

遠慮なしにやってくる心臓バクバクの初日から早15公演。

無事に千秋楽を迎えることができました。





黒ではなく白、恐怖ではなく純愛

というイメージに一新された新しいドラキュラ伝説に

芝居の神様は少しは微笑んでくれているのではと思います(笑)





さて、次は仙台!

近くの方はぜひお時間を見つけて、劇場にお越しくださいね~




カーテンコールはスタンディングオーベーション ~ドラキュラ伝説~

2008-04-13

いよいよ

『DRACULA ~ドラキュラ伝説~』の

初日が開きました!





数日前から名古屋入りして

舞台稽古を重ねてきましたが

前日は緊張から良く眠れず。。。



心配性はいつもながらですね(笑)



でも幕が開いて

おみつの出番になると

名古屋の皆様の温かい反応に迎えられて

すっと芝居に入り込むことができました~



なんとカーテンコールは

スタンディングオーベーションで迎えていただけて

幸先の良い初日となりました!





これから6月まで

名古屋からはじまって

仙台、広島、福岡、新潟

大阪、そして東京と各地を回ります。





ドラキュラ伯爵の切ない純愛を描いた

『DRACULA ~ドラキュラ伝説~』を

どうぞお楽しみくださいね~!






« Older Entries






Blog写真館

日記&お知らせ


サイト内検索

1stアルバム Dream with Me

Copyright(c) 2018 光枝明彦オフィシャルサイト「おみつドットコム」 All Rights Reserved.